カテゴリ: オカルト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
img_1512290_64971941_0


1: 1/11 2013/10/25 03:08:19 ID:Xu0mtgWE0
いらっしゃいませ。どうぞどうぞ、掛けてください。ほな早速、どういう物件をお探しで?
え?探してない?…へえへえ。フリーライター?ああそうですか。
あ、どうも。…タテオカさんね。
ええ、構いませんよ。…いやいや、忙しいことありません。
ちょっとお待ち下さいね。いやぁしかし暑いでんなぁ…。
…お待たせしました。え?いやいや、遠慮せんと。麦茶しかないけど。
いや、お宅さん汗だくやったからね。まぁ飲んで飲んで。熱中症で倒れまっせ。
ほんで、いったいどういう用件です?

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1382638099/

【世にも奇妙な物語的な短編書いた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08 07:06:40 ID:vSlnAP6s0
no title

no title


車にぶつかって自分が大きなダメージを受けてるのは理解できてるが
それでもまさか自分が死ぬとは信じることができなかったのかもしれない
顔が逆さまに写ってるのが狂気を感じさせるが
恐らく車にぶつかって吹っ飛ばされたときに自分が逆さまになってた印象が強く残ってるのだろう
車の中には大事な楽器も乗せてただろうしバンドへの思い入れが凄く強かったんだと思う
このやっくんの霊は車を守ろうとする意志、あるいはバンドへの思い入れが強く車から離れられない感じがする

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381183600/

【【閲覧注意】桜塚やっくんの逆さ首が写ってる心霊写真やばくない?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
img20080214


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 12:43:10 ID:YhyI8xrd0
書かれた奴に不幸が訪れるとか悪意しかないと思うんだけど
本人も自分の体質解ってるくせに書いてるんだろ?未必の故意じゃん

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381117390/

【デスブログってあれ罪にならないの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
20110303_2071358


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28 02:38:32 ID:kN8LrVuh0
俺死ぬのかな?マジで怖いんだが

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380303512/

【ドッペルゲンガーを見たかもしれない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
no title


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 06:28:46 ID:Spu5L98Ri
バリ怖かった

【【閲覧注意】旧犬鳴トンネルいってきた【画像あり】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
15WWsfkFYCyCDET_V12zo_24


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24 06:24:09 ID:N4C4a5g90
あんなのがいるとかアニメキャラが存在してるって言ってんのと同じだろ

【何で幽霊っているかもしれないみたいな事言われてんの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
no title


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21 01:28:02 ID:z5oPRwGZ0
ある産婦人科で赤ん坊が生まれた。
その夜看護婦が赤ん坊の様子を見てみると、なんと赤ん坊は死んでいた
病院は事実を隠蔽するため、すぐに身寄りのない赤ん坊を身代わりに用意した
出産のとき母親は意識がなく、自分が産んだ赤ん坊をまだ見てはいない
そして見た目が瓜二つな赤ん坊を選んだため、見破られることはないはずだった
次の日、母親は赤ん坊と対面するなり鬼の様な形相で叫んだ
「こいつは私の赤ちゃんじゃない!!」

【意味怖で一番好きなコピペ貼ってけ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
6: 本当にあった怖い名無し 2013/08/19(月) 17:13:05.88 ID:T7ZyDPoXP
お盆に急に休みをもらったんでふと思い立ち、ずっと音信不通だった実家に5年ぶりに帰省してみた
電車とバスを乗り継ぎ、バス停から1時間ほど歩いてようやくたどり着く
昔から戸締りという概念がない実家の玄関の建て付けの悪い引き戸を
「ただいま~」と大きな声で言いながらガラガラ開けると、突然強烈な違和感に襲われた
足の踏み場もないほどたくさんの靴
それだけだったらそうでもなかったと思う
親戚連中が集まって昼間から酒盛りしてるなんてしょっちゅうだったからね
違和感の正体を確かめる間も無く奥から色黒な人が出てくる
中東系かインド系かわからないけど明らかに日本人じゃない女性だった
日本語が出来ないらしく、どこかの国の言葉で一生懸命話しているが皆目わからない
続いて奥から外国人の男女ばかりが10人ほど次々に出てきて口々に喚く
圧倒されてしまい、一礼して逃げるように出てきた
表札を見直したが自分の苗字だったし実家には間違いない
違和感について思いを巡らせてみた
大量にあった靴がどれもかなり派手な感じで、
どこに売ってるんだか検討も付かないデザインだったこと
玄関周りの飾り付けも同じで、どこで買うんだかわからないタペストリーとか
そして多分一番は匂い
甘ったるいお香か香水か、それとスパイシーな体臭っぽい匂いが混ざり合った感じ

わけがわからないまましばらく途方にくれたが、隣家の人に事情を聞いてみようと思い立った
隣と言っても600mほど離れてるので歩く
「こんにちは~。ご無沙汰してます。隣のヒロシですけど~。」
「おおー!久しぶりだな~。どうしてた?元気か?」
ひとしきり近況報告をしてから実家の惨状を話す
「え?○○さん家って3年前に引っ越したよね?」
Σ(°Д°;)何それ知らない!
「たしか○○県の方に引っ越したよ?知らなかったって…」
まだ僅かながら連絡を取ってた当時は両親は携帯を持ってなかった
連絡を取る術もなく、終バスの時間に遅れそうなんで帰ってきた
そんな話



【後味の悪い話 その142】の続きを読む

このページのトップヘ