カテゴリ: 科学

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
andromeda-dwarf-galaxy


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01 01:48:33 ID:PMJhOjpv0
宇宙の向こう側とか考えてると眠れなくなるよね

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380559713/

【眠れなくなる宇宙の話教えて】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: そーきそばφ ★ 2013/09/11(水) 00:32:08.34 ID:???0
 血管内の細胞に存在し、肥満を促進する遺伝子を京都府立医科大の池田宏二循環器内科学助教らのグループが見つけ、
英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に10日、成果が掲載された。肥満治療薬の開発につながると期待される。
 この遺伝子はARIAと呼ばれ、細胞死の促進や血流を抑制する働きをする遺伝子として2009年に同講師らが発見した。
今回の実験で、生後6週のマウスに高脂肪食を11週間与えたところ、ARIA遺伝子を欠いたマウスの体重増は8グラムで、
欠いてないマウスの15グラムに比べ、半分以下だった。逆にARIA遺伝子を過剰に発現させたマウスでは肥満が増大した。
普通の食事では差は出なかった。

 池田助教は「ARIA遺伝子は飢餓の中でも生き残っていくための遺伝子とみられるが、
この機能を阻害する新薬を開発することで、肥満防止、改善につなげられるのではないか」と話している。 

時事通信 9月11日(水)0時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130911-00000001-jij-sctch

【【研究】肥満促進する遺伝子ARIAを発見=治療薬開発に期待―京都府立医科大】の続きを読む

このページのトップヘ