タグ:ソシャゲ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
8b039a130fd789078f04ab067b1010c1


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/01 22:18:31 ID:I7poe1Y50
後悔しまくりだよね…

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1388582311/

【ソシャゲに課金したことあるやつきて】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
4911706321_ff67e24fb4


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26 17:19:41 ID:F2f6dJFgi
あるカードゲームに課金しようとしてる
iTunesカード買いに行こうとしてる馬鹿な俺を止めて下さい
末尾iだからって意地悪しないでね

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1382775581/

【【助けて】誰か俺の課金を止めて下さい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: オムコシφ ★ 2013/09/01(日) 15:37:18.93 ID:???
 [注目スマホゲーム]世間ではまだまだパズドラの勢いが止まらないが、そうはいってもリリースから1年以上が経ち、
最初から遊んでいたユーザーの中には「違うタイプのゲームも遊んでみたい……」という人もいるのではないだろうか。

 そんな人にオススメしたいのが、セガが今夏リリースした『チェインクロニクル』である。
「本当に面白いスマホゲームをあなたに」という自信満々なキャッチコピーがつけられているが、それに恥じない完成度で早くも50万DLを突破するなど注目を集めているのだ。

 今回はこの『チェインクロニクル』を紹介しよう。

 パズドラが「パズル+RPG」なら、本作は「タワーディフェンス+RPG」である。
タワーディフェンスとは「防衛ゲーム」とも呼ばれるジャンルのゲームで、タッチ操作との相性がよく、スマホゲームとしては黎明期から高い人気を得ている。

 中世ファンタジーの世界観をベースに、RPGにおける戦闘部分をタワーディフェンスにしたのが『チェインクロニクル』というわけだ。

 プレーヤーは戦士、騎士、魔法使い、僧侶、弓兵といった様々な職業のキャラクターを手持ちのカードから4名チョイスしてパーティーを組む。
これに控えとして2名と、フレンドのカードを1枚加えたメンバーでモンスターと戦うことになる。

 戦闘ではパーティーメンバーが画面右の9マスに配置される。
敵は左からやってくるので、これを迎え撃つのだ。
パーティーメンバー全員がやられるか、画面の右端まで敵の侵入を許すとゲームオーバーとなる。敵にも戦士や騎士、弓兵や僧侶がいるので、単に見ていればいいというわけではない。
時には戦士を相手に向けて突撃させたり、防御力の高い騎士で前衛を守りながら魔法使いや弓兵で後衛から攻撃するといった戦略が求められる。
このあたりはかなりきちんとした「ゲーム」だ。

 もっとも本格的なタワーディフェンスに比べると、本作のそれはかなり簡易的で、コアなユーザーには物足りないかもしれない。
ユニットの種類も少ないし、1回あたりの戦闘もさほど長くはない。
だが、だからこそタワーディフェンス初心者でも取っ付き易いともいえる。

 戦闘以外の部分は、従来からのソーシャルゲームに近い。
ガチャでカードを引き、ストーリーを進行させるとAP(体力)が減っていく。
体力は時間経過で回復するか、あるいは課金することで手に入る精霊石を使うと即回復する。

 こう書くと、単に戦闘が面白いソーシャルゲームではないかと思われそうだが、本作が秀逸なのはむしろストーリー部分だ。まずメインのストーリーがかなりよくできている。
コンシューマ機の大作レベルとは言わないが、明らかに凡百のソーシャルゲームのレベルは超えている。

 さらに、『チェインクロニクル』では、レアカード以外も含め、200種類以上あるすべてのキャラ(カード)に個別のサブストーリーと、声優によるボイスを用意している(さすがに同じ声優による演じ分けがほとんどだが)。
これまでのソーシャルゲームでは、まずありえなかったことだ。正確にいえば“やりたくても労力や予算を考えるとできなかった”というべきだろうか。

 単にパズドラからヒントを得てタワーディフェンスとRPGをお手軽にくっつけました、というのではなく、
しっかりとゲームとして作りこんできたところに、本作に対するセガの気合と、ゲームメーカーならではのプライドを強く感じた。
セガ、やるじゃないか!(文:山田井ユウキ)

no title


http://news.nicovideo.jp/watch/nw748765


【【話題】これがセガの本気! スマホゲーム『チェインクロニクル』の完成度がすごい】の続きを読む

このページのトップヘ