タグ:ドコモ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
iphone-5s-5c


1: 32文ロケット砲(東京都) 2013/09/20(金) 10:11:49.46 ID:cYtQR9Q/0 BE:1635137036-PLT(12000) ポイント特典

【【乞食速報】iPhone5s一括価格が急遽改定 16GB版 docomo:70560円 au:68040円 SB:68040円】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
無題


1: ヒップアタック(チベット自治区) 2013/09/16(月) 16:18:20.22 ID:+jVvYSol0 BE:2164687766-PLT(12001) ポイント特典
iPhoneを扱うソフトバンクとKDDI(au)に対して、「一人負け」とも言える状況が続いていたドコモ。ついに9月20日からiPhoneの販売を始める。ドコモとアップルが組んだ先に、何が起きるのか。

ドコモがiPhoneを販売するという噂は、これまでもたびたび浮上してきた。今回の決定も、SMBC日興証券の白石幸毅シニアアナリストは「規定の路線」だとする。
ただ、アップル側が厳しい販売ノルマを設定していることなどがネックとなって、両社は歩み寄れなかったとされる。なぜこのタイミングで両社は手を結べたのか。

「ここに来て、両社を巡る経営環境が変わってきた。アップルにはかつてほどの勢いがなく、先進国のなかで提携できていない大手キャリアとしてのドコモは、重要な存在になっていた。
ドコモも、ソフトバンクとKDDIがiPhoneの販売を始めて以降、ずっと苦戦している。お互いに譲歩しやすい状況が生まれていた」(白石氏)

両社にとっては、ついに結べた最良の提携と言える。だがこの提携は、競合他社にとって「苦難の道」への第一歩となる。
早々に対応を迫られるのが、ソフトバンクとKDDIのキャリア2社だろう。調査会社IDCジャパンの木村融人シニアマーケットアナリストは言う。

「各社とも常識的な料金体系を維持するのなら、ドコモから顧客が流出する流れは止まり、ドコモ『一人負け』状態は確実に終焉に向かうでしょう」

だが、これまでiPhoneを「武器」にドコモから顧客を奪い、収益力を高めてきた2社が、手をこまねいてはいないだろう。同じ商品を他社より多く売ろうとすれば、この先に待っているのは
熾烈な価格競争だ。MM総研の横田英明研究部長はこう指摘する。

「ドコモが何かやったときに必ず対応してくるのがソフトバンク。ソフトバンクは今年7月に米スプリント・ネクステルを買収しており、両社あわせてiPhoneを調達することで、
1台あたりの購入価格を抑えられる可能性がある。そうなれば価格勝負はしやすい。またKDDIも、家庭用インターネットとのセット割引などを一歩進めるかもしれない。
三つ巴でお互い引かない状況になれば、消耗戦に突入する。利益面への悪影響は避けられない」

http://news.livedoor.com/article/detail/8071170/

【アップルとドコモがこのタイミングで組んだ理由とは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: オリンピック予選スラム(千葉県) 2013/09/13(金) 23:46:10.58 ID:4dgnuk/n0 BE:1271772672-PLT(12000) ポイント特典

【【乞食速報】ドコモがおかえり割を実施】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: マスク剥ぎ(秋田県) 2013/09/10(火) 07:14:16.09 ID:PZHqAMww0 BE:2285593496-PLT(12001) ポイント特典
NTT ドコモは、ボーカロイド(ボーカル音源)ソフトウェア「初音ミク」のキャラクタである初音ミクとのコラボレーション スマートフォン「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)について、
発売日を9月18日と発表した。購入予約の受付は9月8日より全国各地のドコモショップで行っているが、各店舗の受付上限台数に達した時点で終了する。また、専用 Web サイトでの予約受付は9月3日に終わっている。
全体の販売台数は3万9,000台のみ。

http://japan.internet.com/allnet/20130910/1.html
no title

【docomo、初音ミクスマホを販売】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ネックハンギングツリー(東京都) 2013/09/06(金) 07:35:17.35 ID:xvDiaSjtP BE:3814297867-PLT(76543) ポイント特典
 NTTドコモは、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種を販売する。人気が高いiPhoneはKDDI(au)やソフトバンクが扱っている。
ユーザーの流出が続くドコモは、契約数の回復への起爆剤にしたい考えだ。

 関係者が明らかにした。アップルは10日(日本時間11日未明)に米国本社で発表会を開き、現行のiPhone5の後継機を明らかにするとみられている。
この場でドコモへの供給も公表する方向で、発売は早ければ20日とみられる。

 消費者には選択の幅が広がり、サービス面の競争も期待できそうだ。ただ、ドコモと二人三脚で歩んできた日本の端末メーカーには痛手となる可能性が高い。

朝日新聞
朝日新聞デジタル:ドコモ、iPhone販売へ 早ければ20日から - 経済・マネー
http://www.asahi.com/business/update/0906/TKY201309050534.html

ドコモがiPhone販売へ NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130906/k10014331841000.html

【速報】ドコモ、iPhone販売へ 早ければ20日から ――朝日新聞
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1378402332/

【【速報】ドコモ、iPhone販売へ 早ければ20日から ――朝日新聞、NHK】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ムーンサルトプレス(茸) 2013/09/02(月) 18:06:12.40 ID:K4Jkfmc/0 BE:937575427-BRZ(10072) ポイント特典
 U-NEXTが、ドコモMVNOのLTE対応モバイル通信サービス『U-mobile*d』を発表。
通信速度は最大で下り112.5Mbps/上り37.5Mbps。データ通信量が1GBを超えた時点で
月額714円から月額2079円になる2段階定額“ダブルフィックス”と、
月額1680円の定額“スタンダード”プラン、2つのプランがある。

●『U-mobile*d』“スタンダード”プラン
月714円(~月1GB)/月2079円(~月3GB)
最大112.5/37.5Mbps 
3GB/月 制限後128Kbps

●『U-mobile*d』“ダブルフィックス”プラン
月1764円
最大112.5/37.5Mbps 
3GB/月 制限後128Kbps

 データ通信量が月3GBを超えた場合、128Kbpsに制限されるが、10月以降は増速オプションも用意される。
初月基本料金は無料、初期費用は業界最安となる2079円。最低利用期間は無し。

 オプションとしてSMSが月額157円で利用できるが、こちらは従量制で国内発信で1回あたり3円+税、
海外発信の場合は、1回あたり105円かかる。10月までにはIP電話サービスの用意もあるとのこと。

『U-mobile*d』は本日中にU-mobileサービスサイトで受付を開始し、出荷は9月中旬を予定している。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/167/167506/

【1GBまで月714円、3GBまで月1,714円でドコモLTEを使える格安SIMキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: エルボーバット(やわらか銀行) 2013/09/04(水) 08:56:47.44 ID:K0vYcFc5P BE:1484839229-BRZ(10555) ポイント特典
 mmbiは2日、スマートフォン向け放送「NOTTV」の8月末の契約者数が、148万9,264件となったと発表した。
また、9月1日には150万契約を突破したという。
NOTTVの契約者は6月1日に100万件を突破、その後約3カ月で50万件増加したこととなる。

 NOTTVは携帯端末向けのマルチメディア放送「モバキャス」の放送局で、月額420円の有料サービス。
ワンセグよりもクオリティの高い画質/音質で番組視聴でき、リアルタイム視聴だけでなく、
端末蓄積型の放送「シフトタイム視聴」にも対応している。
2014年3月末までに全国47都道府県へ放送エリアを拡大する見込み。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130903_613873.html

【【誰が見てる速報】祝 NOTTVさん(月420円)が契約者数150万人突破。このうち抱き合わせは何件?】の続きを読む

このページのトップヘ